海外営業

海外営業

海外赴任で現地で営業を担当する仕事

日本国内に本社のある企業の多くが、現在グローバル展開をするべく海外に支店や工場を進出させています。

そうした海外進出の流れとして、当然のことながら日本から現地に赴任をしてそこで営業活動をするための人員が求められます。

また逆に日本に進出してきた外資系企業に採用されることで、キャリアの途中で海外にある支店や本店へ呼び寄せられてそこで取引を経験するということもあります。

語学が得意な人にとっては自分の力を生かすことができる魅力的な海外営業の仕事ですが、実際にそれを行うためにはかなりの能力を事前に認められないといけないようです。

国内よりも海外での勤務を希望して専門に求人を探す人もおり、どうしても海外での勤務をしたいというときにはそれ用の対策をとっていくことが望ましいでしょう。

実はそれほど語学力は高く求められないことも

海外で営業をするのだから、よほど高度な語学力がなければまずダメだろうという思い込みは間違いです。

確かにきちんと会話として成立できるくらいの語学力がなければいけませんが、TOEICで言えばだいたい700点くらいがきちんととれる人であればとりあえず語学力という面では条件をクリアできます。

むしろ語学力以上に重要になるのが現地の文化や自社製品への理解で、海外状況や市場についてきちんと興味を持って調べているかということが採用のポイントになるとされています。

日本国内と異なり海外では商業における法律も税金体系も異なるので、そうしたことをしっかりと理解していなければ営業として活躍することは難しいでしょう。