アパレル販売員

アパレル販売員

お客さんに似合う服を提案する仕事

アパレル店員は女性に人気の高い販売員の仕事です。

主な勤務先となるのはアパレルブランドを取り扱うショップや百貨店などのテナント、その他の小売店です。

勤務をするときには店内に控えほしい洋服などを手に取るお客さんに話しかけて商品説明などをしていきます。

お店によってどこまでの接客を行うかという違いはあるものの、基本的にはこの接客と品物整理の仕事が中心になってきます。

慣れてくると店内でレジ打ちをしたり、品出しや検品などの作業もすることになります。

女性から人気が高いのはやはり自分が好きなブランドを取り扱うお店で勤務をするということで、より早くそのブランドの品物の情報を手に入れたり詳しい製品の特長を知ったりできるからでしょう。

ほとんどのお店では社員割引制度があるので、そうしたものを使ってお客として訪れるときよりも安く購入することができるというのも大きなメリットとなってきます。

勤務をするために事前に特に何らかの資格やスキルを求められることはありません。

長く仕事をしていくことで接客の基本や流通の仕組みを理解することができるので、のちに同じような販売業に転職するときにも役立ちます。

アルバイトから店長などに抜擢されることもあります

アパレル業界ではほとんどのお店で正社員として雇用する人材を1~2人置き、そのほかの業務をパートやアルバイトの人員で補うという方法がとられています。

学生時代にアパレル関連の仕事をしてきたという人も多いと思いますが、正社員が担当をするのは仕入れや在庫整理、売り上げ管理といった店舗運営の核となる部分のみで、実際の接客や店内管理などはアルバイトに指示して行ってもらいます。

正社員は主に新卒でその企業に就職をした人が本部や本店で研修を受け、そこから店長候補として各店に回されてきます。

しかし現在ではアパレル業界全体が右肩下がりの状態にあるということもあり、新卒ではなかなかよい人材が集まらないという悩みを多くの企業で持たれています。

そのため、現在では現場の実務を知った上で店舗管理やマネジメントをすることができる人材をアルバイトから登用するという方法もとられています。

学生時代にアルバイトをしていた人がそのまま就職先として正社員になることもあるので、アルバイト店員とはいえ手抜きすることなく真面目に仕事をしていくのが重要です。

さらに一歩進み企業側が最初からそうした学生時代から優秀な人材を確保するために、特定の学校に向けて一般募集よりも待遇条件のよいアルバイトの募集をかけるということもあったりします。

今後のアパレル業界の展望

アパレル業界が全体的に右肩下がりになっている一番の理由は、ネットを通じたECサイトの増加です。

特に10~20代くらいの若い人達が自分の洋服を購入するのに店舗には足を運ばず、雑誌やネットで見かけた品物をスマホでそのまま購入するということを多く行うようになってきています。

さらにネットオークションやメルカリのような中古品販売アプリが登場してきたことで、新品でアパレルを扱うお店は今後も苦戦を強いられていくことが予想されます。

今後はアパレル販売員として勤務をする場合もそうしたネット通販を意識したサービスを担当することになっていくのかもしれません。

ここ数年はアパレル業界にとって大きな変動の年と言えるでしょう。