社会福祉士

社会福祉士

三大福祉士とされる国家資格の一つ

社会福祉士は、介護福祉士、精神保健福祉士と並べられる日本三大福祉士とされる国家資格の一つです。

介護や福祉の分野では基本的に未経験で就業することができる仕事が大半なのですが、実際の業務においては高度な知識や技能が必要になることも多く実務的には資格がないとキャリアアップができないということもよくあります。

そんな中でも上記の三大福祉士は大変大きな力を持ち、業務における責任的な仕事を請け負うことができるものとされています。

転職や再就職のときにも有利となっており、未経験者よりもかなり有利な待遇で採用を期待することができます。

社会福祉士としての仕事の内容

社会福祉士が担当するのは、公的施設もしくは民間の福祉施設に勤務するソーシャルワーカーとしての仕事です。

ソーシャルワーカーは別名でケースワーカーや生活相談員と言われることもあり、具体的には身体の健康状態や家族関係になんらかの問題があるために日常生活を送るのが難しくなっている人たちに対して、どういった制度があるかといったことを考え提案していきます。

対象となるのは子供や高齢者、その他身体障碍者や生活困窮者などです。

勤務先となるのは福祉事務所や児童相談所、老人介護支援センター、介護保健施設など数多くの場所です。