介護職員

介護職員

未経験からでも就業可能な介護の現場

医療の現場と並んで慢性的な人手不足が問題となっているのが介護の現場です。

しかし医療の現場と違って介護の現場では就業前に長い時間をかけた課程の修了は必要なく、未経験でも採用をされることがほとんどです。

全くの未経験の場合できる介護の仕事は限られてきますが、まずは最初に「介護職員初任者研修」という資格を取得することで介護に必要になる知識や技能を一通り覚えることができるようになっています。

介護の仕事の場合、上位資格に行くほど実務経験の長さが必要になってくることが多いので、まずはこの介護職員初任者研修を取得してそこから数年単位でスキルを伸ばして最終的に国家資格である介護福祉士や社会福祉士を目指すという方法が一般的です。

介護職員としての今後

介護職員として最も最初に目指すことがすすめられるのが介護職員初任者研修ですが、これは以前まで「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格が制度を新たにしたものです。

現在では介護の現場は施設と自宅のようにはっきり分かれるものではなく、在宅で介護を受けつつ時々施設を利用したり、住居型介護施設という新しいタイプの住宅を利用するなど施設のタイプも多様化してきています。

ですので現在の介護の仕事においては場所を選ばず全般的に行うことができるようになることが期待されています。