辞めるのが先?職場探しが先?

辞めるのが先?職場探しが先?

仕事探しをするときに最もよい手順とは

転職を考えるときには必ず今勤務している職場を退職し、新たな職場となるところへの求人応募の活動をしていかないといけません。

しかしこの二つを同時に行うというのはかなり面倒なことが多く、特に今勤務している仕事場がとても忙しく毎日帰宅時間が深夜近いというときなどはとても新しく職探しをすることなどできません。

かといって先に退職をしてしまってそれから就職活動をするとなると、間に数か月の空白期間ができてしまうこともあります。

ストレートですんなり就職先が決まればいいですが、これまで転職活動をしてきた人のデータを見ると転職活動を開始してから入社をするまでにはだいたい3か月くらいの間が空いてしまうというのが通常です。

十分に貯蓄があればそれでもよいでしょうが、やはり収入が不安定になってくるとどうしても気持ち的に弱くなってしまうのでそれが就職活動によくない影響を与えてしまうことにもなります。

結論を言うと転職活動をするときには、時間的な余裕は厳しいにしても在職中から行うということの方がすすめられます。

自分自身では時間をうまくとることができなくても、今はネットを通じて就職エージェントによい求人を紹介してもらったり、土日などに面接を入れてもらったりといった融通をきかせることが十分にできますので、そうしたツールをうまく使っていきましょう。

それぞれのメリットとデメリットを考えてどうするかを選ぶ

先に辞めてから転職活動をする場合と、辞める前から転職活動をする場合とではそれぞれメリットとデメリットがあります。

実際に行動に移すまえにそれらのメリットとデメリットをきちんと把握して、そこからどういった準備をしておくのが望ましいかということを考えてみましょう。

まず先に辞めてから転職活動をする場合に最も大きなメリットになるのが「時間を十分にとることができる」ということです。

これは求人情報をじっくり自分で探すことができるということのほか、気になる企業に実際に訪問をして調査をすることができたりすることになります。

さらに退職時には若干スキルや経験が不足しているときに、講座を受講したり資格試験を受けたりして就職前のスキルアップをはかることもできます。

しかしデメリットとして先に説明したようにまず収入面の不安があります。

それと案外見落とされがちなのが、忙しい仕事を急に辞めると生活のリズムが大きく狂ってしまうことがよくあるということです。

連日寝不足で深夜まで営業していた人などは、仕事を辞めたらまず思いっきり寝たいと思うところでしょうが、それずるずると何日も続くとそもそも朝起きるという習慣がなくなりそれが就職活動の遅れにつながっていってしまうことがあります。

先に退職をする場合には家族に協力をしてもらうなどしてきちんと生活のリズムを崩さないよう気を付けましょう。

辞めずに就職活動をする場合に気を付けたいこと

次におすすめの辞めずに行う就職活動ですが、これで一番に困るのは時間の不足です。

しかし収入に不安なく活動を進めていくことができる精神的な強みは大きく、仮に就職活動がうまくいかずに何社かから不採用の通知を受けても「次があるさ」と前向きに自分を持っていくことができます。

また切れ目なく転職に成功すると、年金や健康保険など面倒な手続きを自分で行わなくてもよいというところが便利です。

一点気を付けたいのが、転職を決意しても絶対にそのことを次の仕事が決まるまでは社内で吹聴しないようにするということです。

一度「辞める」と口に出してしまうと社内の雰囲気が悪くなってしまうことが多く、仮に転職活動がうまくいかずに居残ることになった場合にはかなり立場が悪くなってしまいます。

啖呵を切って辞めるといったもののそれがうまくいかなかったということになると、自分自身に大きな精神的ダメージを受けるので、次が決まらないうちに退職をせざるを得なくなってしまうこともあるのです。

在職中の転職では十分に口を引き締め、できるだけ人には話さないように進めていきましょう。