企業選びの注意点

企業選びの注意点

転職先の企業を選ぶときのポイント

転職をするときには求人を出している企業についての情報を集めることになります。

しかし案外何年も社会人として生活をしてきた人でさえ、新しい就職先の企業選びは先入観や企業ブランドを優先していることがよくあります。

前職のスキルをあまり生かせる可能性がないのに、「この企業に就職したら周囲に自慢できる」といった外からの目を気にして求人に応募するケースがままあるのでまずはそうした気持ちがないかということをしっかり自分に問いかけてみてください。

転職経験をした人の中には「求人票を見たときにビビッときた」というような直感で選ぶ人もまた多くいます。

確かにそうした直感も間違いばかりとは思いませんが、そうした直感もほとんどがそれまでの思い込みや漠然と持っていたイメージに基づくものであることが多いのでそれほど過信するのはおすすめできません。

まとめると、転職先を選ぶときにはまずはその求人で求められているのはどういった人材であるかということをしっかりと調べ、自分の適正や将来的なキャリアアップに本当につながるものかを判断していくということが重要であるということになります。

あえて今勤務中の企業のよいところも考えてみる

転職先の企業選びというと、出されている求人内容を熟読することだけが重要のようですが決してそうではありません。

新卒での就職活動ならそうした情報集めが重要なのはわかりますが、転職の場合には少なくとも1社分は企業ではどういったしくみがとられているかというサンプルを知っていることになります。

長く勤務をしていてその内部の環境に慣れてくると、悪いことや不満に思える点は増えてくる一方、その企業の良さというものが見えにくくなってくるものです。

転職失敗談でよくあるのが、転職をしてみて初めて前職で当たり前にされてきた制度が他の企業ではほとんどない素晴らしいものだったことに気付いたというような例です。

社会保障制度や保険への加入というのは義務ですが、悪質な企業ではそうした加入の必要がある制度に未加入であったり、ひどい場合には給与の支払い方法が雑であったりします。

大企業などではさすがにそのようなことはないでしょうが、それでも福利厚生面や細かい就業環境での配慮などは企業によって大きな違いがあります。

転職活動をする前にはまず今の職場のよいところにも目を向けて、それらをどのくらい維持できるかということにも注意してもらいたいです。

自分が最も重視している点をまとめておく

転職を考えている人ならば必ず今の仕事に何らかの不満があるということになります。

ですので新しい企業への就職活動をするときには、どんな点こそ一番に改善したいかということをしっかり自分の中でまとめておきましょう。

「給与報酬が不満」「家からの通勤時間が長い」「残業時間が長い」「自分の適正にまったく合っていない部署に配属になった」などが転職の動機になっていることと思いますので、それらの中から優先順位をつけて求人情報を比較していきます。

転職活動を長くやっていると、だんだん自分の中の優先順位がグダグダになってきてしまうので転職こそ成功したものの根本的な転職原因が解決できずにすぐに転職を考えるようになるといったことも珍しくありません。